読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣りキチ三平だって 竿を燃やしたんだ 頑張れ

釣りキチ三平が最高の漫画だと思っている私が 情熱をもって大好きな漫画や書籍の紹介をしていきます。

人間凶器カツオ ヤンキー漫画の水戸黄門 もしくは男はつらいよ

根性だけは一流な いじめられっ子の成長物語

 

f:id:retogenofu:20160828165822j:plain

[新感覚のスポ根ヤンキー漫画] 参考価格1000円

[人間凶器カツオ  刃森尊  全10巻]

1998年発売  講談社  ジャンル ヤンキー漫画

 

今回の漫画は、ヤンキー漫画です。

 

ヤンキー漫画は敷居が高い事で有名です。

 

しかし、ヤンキー漫画にしか無い展開も数多く存在します。

 

 

なので、今回の漫画は

入門編には少しハードかも知れませんが

いつかヤンキー漫画になれた時には読んで欲しい作品ですね。

 

 

そんな今回の、ヤンキー漫画の水戸黄門だったのかも知れない

人間凶器カツオの感想です(*’▽’)

 

 

 

人間凶器カツオとはどんな漫画?

 

この人間凶器カツオですが、

1998年に講談社から発売されたヤンキー漫画でした。

 

この作者は、破壊王ノリタカなどの

格闘シーンが派手な漫画が多く

マガジンのヤンキー漫画と言えば、刃森尊という人も多いのではないでしょうかね。

 

人間凶器カツオのストーリーですが

体は貧弱、精神的にも逃げる事ばかり考えている臆病者

そんな、ダメダメな主人公の「浜田カツオ」が

ヤンキー達との壮絶なバトルを繰り広げながら

肉体的にも人間的にも成長していく、新感覚のスポ根ヤンキー漫画でした。

 

 

今までの、どんないじめられっ子でも

持ち前の格闘技のセンスがあれば、何でもできるという流れでは無く。

 

格闘技のセンスもゼロ、精神的にも臆病者

そんな主人公が必死に頑張っていく展開で。

 

荒々しいイラストなのに

ストーリーは結構感動できる

そんなところが、この漫画の凄さだったのではないのでしょうかね(^◇^)

 

 

 

人間凶器カツオの感想でもあり レビューでもあり

 

[王道のストーリーでも 読んだ後の爽快感は抜群]

 

この漫画の主人公は、何もできない主人公でした。

 

ある日、親友がヤンキーに絡まれているのを見て

逃げ出してしまいます。

 

それは何故か?

 

自分がヤンキーに殴られたくなかったからです。

 

その結果、大事な親友を失ってしまうという

最悪の結果になってしまいました。

 

そんなヤンキーをぶっ飛ばすべく

インターネットで知り合った友達に、喧嘩の極意を教えて貰うのであった…。

 

というのが

最初の巻のストーリーなのですが

基本的には、後半の流れも同じです。

 

 

可愛い女の子に「助けて」と無理難題を押し付けられる

問題の原因は、その町一番の伝説のヤンキー

そのままでは絶対に勝てない

喧嘩が得意な師匠に弟子入りする

ヤンキーを無事に撃破する

また、可愛い女の子に助けてと言われる…。

基本的にはこの繰り返しです。

 

 

もはや、水戸黄門の世界がこの漫画にはありましたね。

 

ではなぜ、臆病者のカツオが無理難題を解決するのか?

 

女の子が可愛いからです。

 

もしかしたら、助けたお礼に自分に惚れるかもしれない。

そんな不純な夢を追いかけて、壮絶なトレーニングをこなしていく。

 

王道的なストーリーの中にも

どうしてそうなったのか?という色々な深い意味が隠されていて

勝利のシーンを見るまでは、絶対に読むのを止められない作品でしたね。

 

 

読んでいても思うんです。

「また、この展開なの、正直飽きたな…」と。

 

そうは思っていても

カツオが勝つまでは、ついつい読んでしまう。

 

そんな不思議な魅力が、この作品にはあったのでした。

 

 

不純な理由の為とはいえ

地獄のトレーニングをこなして問題を解決していく。

 

それなのに、毎回女の子には振られ続ける。

 

次こそは、もしかしたら成功するのかもという夢を追い求める。

 

そんな

不純な水戸黄門

不純な男はつらいよの様な展開も

ヤンキー漫画でありながら、最後まで安心して読めた理由でしたね。

 

 

 

人間凶器カツオのまとめ

 

こちらから購入できます

 

何故読んで欲しいのか?

 

ヤンキーという存在が、珍しくなかった頃の作品ですので

読んでいても、かなり怖かった印象なのですが。

 

今読むと、結構なギャグ漫画として楽しめましたね。

 

ですので、当時読んでいた人も

この機会に読み直すことをお勧めします。

 

当時は、マジで怖かったんですけどね…。

 

なにがそんなに面白いのか?

 

格闘技のセンスゼロ

人間的にも最悪

運の良さだけは誰に負けない

こんなラッキーマンの様な展開が最高でしたね。

 

そんなダメ主人公も、どんどん成長していくのですから

自分も頑張らなきゃなと思えるのかも知れませんね。

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

物語の展開でいうと…完全なる王道の物語

 

キャラクターでいうと…みんな鬼の様な顔をしている

 

読んだ後の気持ちは…最高にスカッとする

 

それこそが今急いで買う理由です!!

 

 

そんなヤンキー漫画の水戸黄門

人間凶器カツオの感想でした。