読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣りキチ三平だって 竿を燃やしたんだ 頑張れ

釣りキチ三平が最高の漫画だと思っている私が 情熱をもって大好きな漫画や書籍の紹介をしていきます。

サターンのゲームは世界いちいぃぃ クソゲー界の帝王を作り上げた 伝説のゲームレビュー

読者レースという 皆がレビュアーになる 豪快な時代

 

f:id:retogenofu:20170318060614j:plain

クソゲーにはまった私は

 

それっぽい本が売っているたびに、

買うようになりました。

 

そんな時に、今回の本に出会う事ができました。

 

沢山の機種のゲームを、

ごちゃ混ぜにレビューする作品が多い中

 

まさかの「セガサターン」という玄人好みの機種だけに特化した

男気溢れる作品で。

 

プロのレビュアーが執筆するのではなく

 

ゲームを自腹で購入した、

ガチの一般プレイヤーがレビューする。

 

凄すぎる作品でした。

 

そんな凄い作品だと分かった瞬間に、

定価1200円で、中古価格が900円という

なかなかの強気な値段設定にもかかわらず。

 

即購入してしまった作品。

 

 

そんな今回の クソゲー界の帝王を作り上げた 伝説のゲームレビュー

サターンのゲームは世界いちいぃぃの感想です。

 

 

 

サターンのゲームは世界いちいぃぃとはどんな本?

 

このサターンのゲームは世界いちいぃぃですが

2000年にソフトバンクパブリッシングから発売された

ゲームレビュー系の作品集でした。

 

セガサターンマガジン」という

セガサターンだけに特化したゲーム雑誌で連載されていた

「読者レース」というミニコーナーをまとめ上げた作品でした。

 

当時はゲーム雑誌が山ほど発売されていた時代で、

セガサターンだけでも、沢山の雑誌が発売されていました。

 

そんな雑誌が多い中で、

この読者レースを読みたいが為に、

この雑誌を購入した人も多かったのではないでしょうかね。

 

残念ながら、私はこの雑誌を読んだことがありませんが。

 

当時読んでいたとしたら、ドハマリしていたと思います。

 

そのくらい、

この読者レースには相当な破壊力がありましたね。

 

 

この作品の何が凄いのか?

 

マジで点数を付けています。

 

発売したばかりの作品に、

平気で1点とか2点とか付いています。

 

ファミ通ならば5点とか6点が当たり前ですが。

 

自腹で購入した怒りがあるのでしょうね。

 

ガチの点数を付けて、酷評していました。

 

今一番面白いサターンの作品はこれ

 

今一番つまらないサターンの作品はこれ

 

こんな感じで、

数百万人のセガサターンのファンに真実を知らしめていく

物凄いコーナーになっていました。

 

そんな全145レースの記録が、

この作品には全て収められていた訳です。

 

そんな本ですからね、

立ち読みでは絶対に満足できないと思い、即購入してしまうのでした。

 

 

 

サターンのゲームは世界いちいぃぃの感想でもあり レビューでもあり

 

[騙されたと間違いなく思う そんな衝撃]

 

この本を初めて読んだ時の印象を、

今でも覚えています。

 

それは、

「うわ!完全に騙された!!」でした。

 

普通は、どんな本なのか確認するために、

数ページ読むのは当たり前ですよね。

 

私もそうやって、この本の中身を確認しました。

 

すると、

ゲームの点数と読者のレビューが書いてあります。

 

そんな本だと確認したので、

喜んで購入した訳です。

 

 

しかし、購入してビックリ

 

そんなのは6レース目までだったんですね。

 

それ以降は、

ごくたまにレビューが乗っているだけで。

 

ほとんどが、

当時のレース結果と、

その当時に何が起こっていたのかを書いているだけでした。

 

その文章も面白いので、

完全に腹が立った訳ではないのですが。

 

全てのゲームに、

「ちょっとしたレビュー」が書いていると思ったから購入したのに。

 

そんなのは表面だけですからね。

 

これにはかなりの衝撃を受けたのでした。

 

 

バーチャファイターやナイツなどの

人気ゲームに関して言いますと、

特集のページが掲載されていまして。

 

そのページで、

色々なレビューを読むことができましたので。

 

このページが出てくると、

「やったぜ!!」なんて感じで、しっかり読みこむのでした。

 

 

このレビューが、

もっと載っているのであれば倍の値段でも買ったでしょうね。

 

惜しいな…。

 

 

 

[クソゲー界の帝王を この本でしっかりと認識する]

 

クソゲーを読んでいた私は、

デスクリムゾン」というゲームに物凄く興味を持ちました。

 

セガサターン史上最悪のクソゲーで、

ゲーム史上、最も酷評されたのではなんて程の凄い作品でした。

 

そんなデスクリムゾンを、

一躍トップスターにしたのが、今作だった訳ですね。

 

145レースの中で、

最下位を69回とるというなかなかの伝説で。

 

このデスクリムゾンが、

帝王になった瞬間もバッチリと記録されていました。

 

 

何が面白いのかといいますと、

常に最下位だった訳ではないんです。

 

デスクリムゾンを倒すため?に、

沢山のクソゲーが発売されていきまして。

 

所々で、帝王の座から引きずり降ろしていきます。

 

そんな最底辺の戦いを、読んで行くのが本当に楽しく。

 

最初は、

レビューを読むのが目的で購入したのに。

 

後半では、

デスクリムゾンの伝説を体験していくのが、メインになっていましたね。

 

「せっかくだから、俺はこの赤の扉をえらぶぜ」という

名台詞は知っていましたが。

 

赤い扉の画像は見たことがありませんでした。

 

そんな、「全く赤くない扉」の画像を

ちゃんとカラーで掲載している辺りに、この本の真剣さを感じる事ができましたね。

 

 

クソゲー界の帝王が、どのくらい凶悪だったのか

 

その帝王を倒した作品は、どのくらいあるのか

 

こんな部分に注目して、

今作を読んで欲しいなと思います。

 

 

 

サターンのゲームは世界いちいぃぃのまとめ

 

この本ですが、

未だに読んでいます。

 

あのゲームの点数って何点なんだろう?

 

こんな疑問を思った時に、

直ぐに読み返して、当時のリアルタイムの点数を確認する。

 

こんな事を出来るのは、

数あるゲーム系の作品集の中でも、この作品だけの特権でしたね。

 

私が大好きな作品で言いますと

ウィザードリィリルガミンサーガ」は、

9・3287点で、945本中30位にランクインしていました。

 

なんて感じで、

全てのゲームが掲載されている訳ではないのですが。

 

ほぼ全てのセガサターンのゲームの、

得点とランキングが掲載されていますので。

 

その部分でも、

レトロゲームを購入する時に、最高に役立っています。

 

 

レビューを読むのも楽しい

 

クソゲー界の帝王を体験するのも楽しい

 

レトロゲームの購入にも役に立つ

 

どうして大ヒットしなかったのか不思議でならない

 

そんな素晴らしい作品集なのでした。

 

 

貴方が好きだったサターンのソフトは何位ですか?

 

私が一番好きなソフトは、30位でした。

 

 

こちらから購入できます